So-net無料ブログ作成
検索選択

「CINEMA EOS SYSTEM x ストロベリーナイト」 [News]



 キヤノンの映像制作用カメラ映画撮影で人気上昇 ソニーなど先発組みを追撃
2012.11.15 18:46 SankeiBiz

 映画制作の現場で、キヤノンの映像制作用カメラの採用が広がっている。本体サイズを他社製に比べて小型化して取り回しを良くしたほか、一眼レフカメラ用レンズに対応する手軽さが人気となっているためだ。来年は販売を前年比1.5倍に伸ばし、ソニーや米レッド・デジタル・シネマカメラを追撃する。

 来年1月26日に公開されるサスペンス映画「ストロベリーナイト」では、国内で公開される映画として初めて、キヤノンの映像制作用カメラシステムを使い全編が撮影された。佐藤祐市監督は「小型で使いやすく、解像度も高かった」と評価する。キヤノンのシステムは来年公開予定の成島出監督の「草原の椅子」や堤幸彦監督の「くちづけ」にも使われ、プロモーションビデオ、CMの現場でも利用は広がっている。

 キヤノンは現在、映像制作用に3機種のカメラを用意。11月下旬には価格が55万前後の「C100」、12月には120万円前後の「1DC」と品ぞろえを拡充、販売の上積みを目指す。


「CINEMA EOS SYSTEM x ストロベリーナイト」というCMが時々流れています。
竹内さんも出てくるのでつい見てしまいますが、Canonの映画撮影システムの宣伝でした。 
 
佐藤監督、見たことあります。
まだ言えませんが、そろそろ言ってもいいかな~? 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

『ストロベリーナイト』一挙上映、竹内結子ら“姫川班”が勢ぞろい [News]


                2013/1/16 19:18配信 チケットぴあ
 

竹内結子主演の刑事ドラマ映画化した『ストロベリーナイト』の公開記念イベントが15日深夜、東京TOHOシネマズ六本木ヒルズで開催された。映画本編をはじめ、新たに撮影・制作されたスペシャルドラマ「ストロベリーナイト アフター・ザ・インビジブルレイン」、「ストロベリーミッドナイト」を朝まで一挙上映する、その名も「ストロベリー“オール”ナイト」イベント。主人公の女刑事・姫川玲子を演じる竹内結子をはじめ、共演する西島秀俊、小出恵介、宇梶剛士、丸山隆平、高嶋政宏ら“姫川班”が顔を揃え、舞台あいさつに立った。

原作は誉田哲也氏の小説『インビジブルレイン』(姫川玲子シリーズ)。暴力団構成員の連続殺人事件を追う刑事・姫川(竹内)が、隠ぺいされた警察組織の秘密に気付き、その闇を暴こうとする。紅一点の竹内は本シリーズで刑事役に初挑戦し、“ノンキャリアながら20代で警部補に昇進した主人公・姫川玲子”が当り役に。それだけに「3年近く培ったものが映画になり、今はいろんな思いがこみあげますね。ぜひ皆さんにも良きサポーターになってもらえれば」とシリーズ完結に思いもひとしおだった。

また、公開初日にテレビ放送される「ストロベリーナイト アフター・ザ・インビジブルレイン」については「これまでの経緯や歴史をたどっていく内容。映画とあわせて観てもらえれば、きっとガツンと残ると思う」とアピールした。

一方、姫川班の面々も西島が「こういう言い方は申し訳ないけど、姫川はつらい目に遭えば、遭うほど魅力的に見えるんです」と語れば、小出は「ホシ(犯人)を追う姿がカッコいい」と姫川に惚れ惚れ。「背中で語る、はかなさの中にある強さがある」(丸山)、「カッコ良すぎて、吸い込まれてしまう。おかげで周りはよくNGを出した」(宇梶)、「メイクだけでは出せない、姫川ならではのまなざしがカッコいい」(高嶋)と存在感あふれる竹内の演技を絶賛していた。

『ストロベリーナイト』
1月26日(土)から全国東宝系にて公開

 
 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

竹内結子「今夜は寝かせない!」 『ストロベリーナイト』オールナイトイベントを盛り上げ! [News]


                     シネマトゥデイ2013年01月16日11時01分
 

 15日深夜、TOHOシネマズ 六本木ヒルズで映画『ストロベリーナイト』公開記念「ストロベリー“オール”ナイト」イベントが行われ、竹内結子率いる「姫川班」が勢ぞろいした。
 本作のタイトルを直訳して「いちご(15)の夜」になることから開催されたこの日のオールナイトイベント。映画『ストロベリーナイト』のほか、1月26日放送予定のスペシャルドラマ「ストロベリーナイト アフター・ザ・インビジブル・レイン」、1月22日から4夜連続で放送される「ストロベリーミッドナイト」を15の夜に一気に観ようという趣旨で行われた。竹内演じる姫川玲子を筆頭に、西島秀俊、小出恵介、宇梶剛士、丸山隆平ら“姫川班”全員が揃う豪華なイベントとなった。
 チームワーク抜群の姫川班だけあって、撮影の裏側のエピソードも爆笑の連続。ベネチア国際映画祭に参加した西島のおみやげであるリコリス菓子がおいしくなかったという話で盛り上がると、竹内も「すごいパンチがある味で、見えない誰かがダメって言たような危険な味がした」と証言。高嶋政宏がそのみやげを一人「うまかった」と主張し、絶妙な掛け合いを見せていた。
 また、宇梶は、次々と披露される丸山のギャグに大爆笑。丸山も「僕の言うことを宇梶さんが一番笑ってくれる」とノリノリ。西島は、楽屋に用意されていたパンチパーマのカツラををかぶっておどけていたと暴露されたり、丸山に劇中に登場する“菊田パンチ”をお見舞いしてみせるなど、『ストロベリーナイト』ファンにはたまらない秘蔵トークが次々と明かされた。
 このオールナイトイベントには約8,200通の応募があり、運よくプレミアチケットを手にすることができた350名が来場。翌朝の仕事を控えている観客が大半だったが、それでも会場は熱気でムンムン。竹内も「これも何かの縁。今夜は寝かせないよ!」と呼び掛け、会場を盛り上げていた。(取材・文:壬生智裕)
「ストロベリーミッドナイト」は1月22日から25日までフジテレビ系にて4夜連続深夜放送予定
「ストロベリーナイト アフター・ザ・インビジブル・レイン」は1月26日午後9時から11時10分までフジテレビ系にて放送
映画『ストロベリーナイト』は1月26日より全国公開

 

 



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

「貴重な夜になります!」竹内結子・西島秀俊ら姫川班が全員集合『ストロベリーナイト』オールナイトイベント [News]

 


         2013/01/16 17:04 テレビドガッチ 
 

 フジテレビの人気ドラマ『ストロベリーナイト』のオールナイトイベント「ストロベリーオールナイト」が15日、TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、主演の竹内結子をはじめ、西島秀俊、小出恵介、宇梶剛士、丸山隆平、高嶋政宏、そして佐藤祐市監督が参加した。約8200通の応募の中から当選した幸運な350名を前に、姫川班が全員揃ったことを記念して竹内は「貴重な夜になります!」と宣言し、会場を沸かせた。

 イベント中には、高嶋が出演者の中で共演前とイメージが違っていた人物として西島を指すと、「僕が回想シーンで使ったパンチパーマのカツラを、楽屋でかぶってくれたんですよ。写メを撮ったんですが、これは絶対に未公開。サイズが合わなかったのか最後まで入らずとんがりコーンみたいになっていました」と、西島のイメージにはないユニークなエピソードを明かすと、西島は「絶対非公開」と慌てて止めに入り、さらにギャグを連発して落ち着きのない丸山に対して、監督からの求めで劇中の菊田さながらの“パンチ”を西島が丸山にお見舞いしてみせると、丸山は目を白黒させながら「久しぶりで忘れていましたけど、目が覚めました」と話すと、周りの出演者も口々に「やばい!すごい音がした!」と驚いた表情を見せるなど、深夜ならではのテンションで観覧者はもちろん、キャストやスタッフからも大爆笑が巻き起こった。

 そして、最後に竹内が「3年近く携わってきた作品が、終わってしまうと考えると色々な思いがこみ上げてきます。姫川班がどういう運命をたどるか見届けてほしいと思います!」と、映画スペシャルドラマなどをアピールした。

 この日のイベント「ストロベリーオールナイト」は、“ストロベリーナイト”を直訳した“いちご(15)の夜”そのままに、15日の夜に開催。1月26日(土)に公開する映画『ストロベリーナイト』や、同日21時よりフジテレビ系列で放送するスペシャルドラマ『ストロベリーナイト アフター・ザ・インビジブルレイン』、そして1月22日(火)から25日(金)にかけて4夜連続で深夜に放送されるショートストーリー『ストロベリーミッドナイト』を一晩かけてすべて鑑賞するというファンにはたまらないイベントとなった。


■公開・放送予定
<映画>
『ストロベリーナイト』
2013年1月26日(土)より全国公開
テレビ
『ストロベリーミッドナイト』
2013年1月22日(火)~25日(金)深夜4夜連続(フジテレビ系)
『ストロベリーナイト  アフター・ザ・インビジブル・レイン』
2013年1月26日(土)21時~23時9分(フジテレビ系)

 

上のイベントも応募しましたが、全然、当たりませんでした。

このままいくと初日舞台挨拶も当たらず行けそうにありませんね。 

抽選もいいのですが、何でもかんでも全部抽選だとクジ運の悪い私には竹内さんに会える機会は当分来ない感じです・・・。頑張ってるんですけど・・・。

久々の映画で楽しみにしていたんですが、初日舞台挨拶も当たらなかったら普通に見に行くことにします。 当たったら報告します。 

 



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

竹内結子が阪急うめだ本店をジャック! [News]


               2013年1月11日 13:05 Lmaga.jp
?

竹内結子演じる主人公・姫川玲子がノンキャリアながらも刑事という男社会の中で信念を貫き通し、さまざまな事件を解決していくドラマ『ストロベリーナイト』。女性からの人気も高く、テレビ放映時には高視聴率を記録したが、シリーズ最高傑作の呼び声高いストーリーが劇場版となって1月26日(土)から公開されることに! その公開を記念したコラボ企画が[阪急うめだ本店]で行われます。

姫川玲子からの[阪急うめだ本店]限定スペシャルメッセージ映像が1Fの巨大サイネージで放映されるほか、館内にある約60のサイネージモニターもジャック!また、「うめはんシスターズ」(3F)、「うめはんジェンヌ」(4F)の婦人服フロアでは、お買い物した方に抽選で劇場鑑賞券があたるキャンペーンも実施されます。

"女性のための店づくり"がコンセプトの[阪急うめだ本店]と"デキる女"を代表する姫川玲子による今回のコラボ企画。お買い物に行ったとき、ぜひチェックしてみて。


『阪急百貨店うめだ本店×ストロベリーナイトキャンペーン』
期間:1月16日(水)~1月22日(火)
場所:阪急うめだ本店
※1万円以上をお買い物された方に、レジにて専用の応募用紙を配布。必要事項を明記のうえ3・4Fに設置された応募ボックスに投函ください。抽選で50組100様に映画『ストロベリーナイト』劇場鑑賞券が当たります。

映画『ストロベリーナイト』
監督:佐藤祐市
出演:竹内結子、西島秀俊、大沢たかお、ほか
配給:東宝
2時間7分
PG-12
作品詳細はこちら(http://lmaga.jp/event.php?id=3431


[コピーライト] 2013 フジテレビジョン S・D・P 東宝 共同テレビジョン FNS27社 光文社

今日からですね。

大阪周辺に住んでたら行きたいところですが・・・残念です。?


タグ:竹内結子

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

竹内結子が大胆な濡れ場を披露した理由 [News]

 


                    リアルライブ2013年01月10日18時30分

 
 1月26日に公開を控えた女優の竹内結子主演の映画ストロベリーナイト」だが、竹内の大胆な濡れ場が注目されているという。

 「雨が降りしきる埠頭に停車した車の中で、助手席に座った竹内が運転席に座った大沢たかおと唇を重ね合わせ、その後、裸の大沢が竹内に覆い被さる。眉間にしわを寄せた竹内はかなりの本気モードで『ハァハァ』と吐息を漏らすシーンはかなりリアル。露出は少なめだが、これまでで一番過激な濡れ場だった」(映画を鑑賞したライター)

 同作は竹内が主演し高視聴率を獲得した昨年フジテレビ系で放送された連ドラを映画化。

 デビュー以来、明るく元気なヒロイン役が多かった竹内だが、同作では影のある主人公の女刑事を熱演。その演技が評価されて映画化となったが、竹内の作品にかける意気込みは並々ならぬものがあったというのだ。

 「女刑事が主人公のシリーズといえば、黙っていても比較されてしまうのが篠原涼子主演の『アンフェア』。同作も連ドラが好評で映画化され、竹内と篠原は『女性が憧れる女優』とう売りがかぶっている。この映画がヒットするかどうか竹内にとっては勝負どころ」(映画関係者)

 「ストロベリーナイト」の連ドラ平均視聴率は15.4%。それに対して、「アンフェア」の連ドラ版も15.4%とまったくの互角。劇場版は1作目が興行収入27.2億円、2作目が23.4億円といずれもヒットした。

 「『ストロベリーナイト』は公開が近づいている割に、PRが少ないような気がしてならない。『アンフェア』の公開前は2作ともフジで大々的にPRしていた。その辺が興収の差につながってしまわなければいいのだが…」(同)

 果たして、竹内の“篠原超え”はなるか?

 

竹内さんと篠原さん・・・

全然違う気がしますね。

同じ必要もないし、比べる必要もないですね。

「アンフェア」も面白かったけど、「ストロベリーナイト」は独特の世界を作り出して新しい竹内さんの扉を開いてくれたと思います。どうしても同じ女優同士比較はされるでしょうけど、ちょうど、同じエリクシールのCMにも出演してたり・・・。 



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

竹内結子 小道具より“粗末な扱い”グチる [News]

 


           2013年01月12日 11時00分 東スポ

 
 映画「ストロベリーナイト」(1月26日公開)に出演する竹内結子(32)と宇梶剛士(50)佐藤祐市監督(50)が11日、福岡市内のホテルPR会見を行った。
 
 同作はフジテレビ系で放送されたドラマの劇場版で「スペシャルドラマ、連続ドラマに続く3年間の集大成。必ず楽しんでもらえる」と、主演の警視庁捜査一課警部補・姫川玲子を演じる竹内は胸を張る。
 
 部下役の宇梶から「姫川班のみんなが竹内結子さんという人を大好きだった」と告白され「胸アツです」と感激した竹内だが、現場ではショッキングな出来事もあった。
 
 前作から引き続き、小道具として高級ブランドエルメスの赤い「オータクロア」を使用したが、本編は1シーン以外すべて雨の中の撮影。 「カットがかかると私に傘をさすより先にバッグだった」と主役よりも小道具の方が大切にされたという。
 
 失意の竹内は「主演はオータクロアなんじゃないかと。最初は寂しかったです」とバッグ以下の扱いにグチをこぼしていた。

 

オータクロアの方が竹内さんより大事?

そんなことはありません。

オータクロアといえば、 バーキンとあまり区別がつかず最初はバーキンだと思っていました。オータクロアの方が縦長と言われてもパッと見わかりませんでした。

もうすぐですね、公開まで・・・。 



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

竹内結子さんが7位に! ~新社会人に聞く“理想の上司” [News]

 社会人に聞く“理想の上司”、橋下徹大阪市長が初戴冠

http://career.oricon.co.jp/news/2010357/full/#rk 

Image1.jpg

ストベリーナイトの影響ですね。 



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

竹内結子さんが中国のサイト・ニュースでも注目! ~中国国際放送局 [News]

【エンタメ・ランキング】2012年3月第4週の日本ドラマ・ランキング、『相棒』が首位
 - 中国国際放送局 2012-03-27 13:16:47
 
 中国最大手のポータルサイト「百度」の検索アクセス数で集計したランキングは、中国芸能界の全体の動きが分かる結果を示しています。

 今週、中国で注目度の高い日本ドラマ・トップ3は以下のとおり
3位 『平清盛』 2位 『ラッキーセブン』 1位 『相棒』  
 
 実は今シーズン、私が注目しているのは、トップ3入りを果たせませんでしたが、竹内結子主演の刑事ドラマ『ストロベリーナイト』です。原作は日本の作家・誉田哲也の推理小説で、竹内結子は凶悪な難事件に挑む女性警官・姫川玲子を好演しています。これは、2010年にフジテレビ系列『土曜プレミアム』の特別企画でスペシャルドラマとして放送されたものですが、今年はその続編が連続ドラマとして火曜夜9時枠に帰ってきました。以前、スペシャルドラマを見たことがあるので、今回の続編にも注目しています。中国のネットでも、「このシリーズで刑事役に初挑戦した竹内結子の迫真の演技に圧倒された。恋愛作品のヒロインというイメージが強いが、アクの強い刑事役もなかなかいい」「綿密な推理とストーリー展開は最高!主演の一人・西島秀俊の演技もとても魅力的だ」と絶賛の声が上がっています。(ミン・イヒョウ) 

 
bd18879dae56477193abbf7e8786c1ee.jpg 
 
中国のニュースからですが、中国でも竹内さんが注目されています。
中国の皆さんはどうやって日本のドラマの放送をみているんでしょうね。
小さな記事ですが気になったので紹介しました。 
 
 
 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

竹内結子「綺麗なだけの娘から成長」ストロベリー代表作になるぞ ~JCAST [News]

竹内結子「綺麗なだけの娘から成長」ストロベリー代表作になるぞ

 ~JCAST テレビウォッチ 2012/3/26 17:00
 
 
「ストロベリーナイト ソウルケイジ 最終回」(フジテレビ)2012年3月20日21時~

   誉田哲也の原作があるだけにわりによく出来た刑事ものである。17歳の時にレイプされて精神的に1度死んだ姫川玲子(竹内結子17 件)が、捜査班の1つの主任として謎解きに挑む。部下には物静かな菊田(西島秀俊)らがいて、他にいちいち「お嬢ちゃん」とからんでくるワルすれすれの刑事(武田鉄矢)や、姫川は情緒的過ぎると批判する日下刑事(遠藤憲一)、厭味ったらしく上から目線で女刑事をバカにする管理官(渡辺いっけい)ら周り中がパワハラ男だらけ。

   11回全部を視聴したが、今回のソウルケイジは複数回にまたがっていた上に、トリックも複雑で前の方の筋を忘れかけたほど。建築会社の保険金詐欺殺人と偽装失踪と父子愛と、物語も過激なら演出もハードボイルド、管理官は意味もなく(?)怒鳴りっぱなしだし、こんなに人間に幅がなくて、よく管理職まで出世できたナと突っ込みたくなるくらいだった。いずれも姫川の過酷な職場に耐えて頑張る白百合ぶりを強調したいがためだろうと目をつぶっておくが。

   竹内結子17 件はなかなかいい。特に女子高の生徒が父親のカードを使って事件を起こした話(何回目かは忘れた)の時、少女を追いつめて落とすくだりの啖呵の切り方は爽快な名演技であった。NHKの甘っちょろい朝ドラで綺麗なだけの娘を演じていた頃から比べると、随分成長したものだ。評判がいいので続編の話も出ている。パートⅡが作られるとすれば、竹内の代表作になるかもしれない。

 

間違いなく竹内結子さんのドラマでの代表作になると思います。 

今までのドラマ代表作は、朝の連ドラ「あすか」であったり、月9「ランチの女王」であったりしましたが、またひとつ代表作が追加されたことは間違いないですね。強烈ではないですがインパクトのある役柄が竹内さんの今後に良い影響を与えてくれるはずです。だけど、ランチの女王も元ヤンみたいな過去をもっていましたね、意外とこういった役がハマリ役なのかもしれません。

ちなみに映画の代表作ですが、私の中では「いま、会いにゆきます」です。いろいろその後の竹内さんの人生に影響のあった作品ですが、映画館で2回目を見たときになぜか最初から泣けるんです。1回目は後半に泣けるんですが、2回目は既に秋穂澪の究極の選択が判っているので最初から泣けるんですよ。隣の人に不思議がられてしまいました。

「いま、会いにゆきます」 あの六週間の奇蹟 [DVD]

「いま、会いにゆきます」 あの六週間の奇蹟 [DVD]

  • 出版社/メーカー: レントラックジャパン
  • メディア: DVD
いま、会いにゆきます DVD-BOX 〈初回限定生産〉

いま、会いにゆきます DVD-BOX 〈初回限定生産〉

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • メディア: DVD
いま、会いにゆきます DVD-BOX

いま、会いにゆきます DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • メディア: DVD

家にも当然DVDありますが、まだ開けてません。泣けるので・・・ 

 



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

bd18879dae56477193abbf7e8786c1ee.jpg

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。